ものづくり補助金に採択

2022年7月、「令和元年度補正・令和三年度補正 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」に、ご支援中の金属製品製造・組立企業が採択されました。

これまで、

  • 2015年7月、都内の宝飾卸小売業(海外展示会でのバイヤー交渉システム開発)
  • 2015年12月、群馬県のプリント基板製造組立企業(革新的検査システムの構築)

上記2件のものづくり補助金の採択実績があり、久しぶりですが今回が3回目となります。

今回は、通常枠・小規模事業者なので、補助率は3分の2、補助上限額は1,250万円となります。「柔軟な製造体制構築と工場機能の見直により生産性向上を実現する」という事業計画名で、約1カ月かけて事業計画の作成をご支援しました。補助金交付申請額は1千万円になります。

支援先企業にとっては大変大きな投資(全体で2千万円)なので、採択されて本当にほっとしています。事業計画書は何度も推敲を重ねましたが、最大の工夫は、最終ページに「審査項目・加点項目の早見表」を添付し、少しでも審査員が審査しやすいようにしたことです。

このノウハウは、今後も同様な支援に生かせると考えています。