働き方改革アドバイザーに就任

平成29年度から、千葉県で「働き方改革アドバイザー」の派遣事業が開始されました。希望する企業に専門家を派遣し、従業員の満足度や労働生産性の向上につながるアドバイスや助成金活用など、有益な情報をご提供するというものです。私も「働き方改革アドバイザー」へ任命され、2社へのアドバイスを実施しました。

誤解を恐れずに申し上げると、働き方改革のポイントは労働生産性の向上です。無理やり社員を早く帰しても、自宅へ仕事を持ち帰ったり、翌朝早く出社するようでは形だけの取り組みとなってしまいます。

いかにして社員の生産性をあげるかを真剣に考えることが重要です。そのためには、どうして早く帰れないのか、どんなことに時間が掛かっているのかを調査分析し、解決策を検討する姿勢が大切です。

一緒に考えていきましょう。